PAK86_touyokosentohome

ホームで踊る女の子


昨年のことだが、電車を待っている間、中学生くらいの女の子が、ホームで踊っていた。真剣な目で、何度も何度も同じ動きを繰り返していた。音楽を聴きながら、振り付けを確認しているようだった。このあと、ダンスの練習があるのか、何かの本番があるのかはわからない。

が、少なくとも、ホームで他人の目を気にすることよりも、彼女にとっては、大切なものがあったはずだ。うまくなりたい、うまく踊りたい、という気持ちに、素直に向き合っていた。微笑ましかった。

「ここは踊る場所じゃないよ」と誰かが言うかもしれない。だがぼくは、彼女を見ながら、これでいいじゃないか、と思って何かがストンと肚に落ちた。

日本社会に蔓延する、「やりすぎたときにブレーキをかける風潮」が嫌いだ。「意識高いね笑」「真面目だね笑」 ぼく自身、何度もそんな言葉に悩んだことがある。バカにされたり、批判されたりして、「ちょっとおとなしくしてようかな」と、やりたかったことをやめたこともある。

突き抜ければよかった、と今では思う。いったいどれだけの人が、好きなことに対して頑張ったり、アツく燃えたりしていたときに、背中を引っ張られるようなことを言われて、自制したのだろうか。計算することはできないけど、日本全体で相当な量の創造性を失っていると思う。

「情熱的に生きる」って、人としてとても大切なことじゃないか。せっかくその人が見つけた「アツくなれるもの」を、心ない一言で潰しちゃいけないだろう。「ここは踊る場所じゃないよ」 そんなことわかってるよ、でも踊らせてあげなって。何も言わずに微笑んであげたらいい。

本当の強さとは、遠くへ行ってしまう人を繋ぎとめておくことじゃなくて、その人がもっと遠くへ行けるように、自由にさせてあげることだと思う。「気をつけろ」「危ないからやめろ」じゃない。「精一杯やってきな」「楽しんできな」だ。突き抜けようとする人の背中を押して、さらに遠くへ飛ばしてあげる。それが強さだと思う。

その日の日経新聞の最終面。芥川賞作家の吉村萬壱さんの「規則破り」というエッセイに、

「自分が入院したとき、消灯時間が過ぎても布団の中で読書していたことをそっと見逃してくれた看護師さん」の話が出てきた。素敵なエピソードじゃないか。

ルールや人との約束を守るのは、大切なことだし、それはきちんとした方がいい。でも、基本的なことを守れば、あとは自分の思うままに生きたい。人の目なんて気にせず、情熱を注げるものに対して、精一杯やって、突き抜けていきたい。

笑うなら笑えばいい。相手が笑っている間に、一歩先へ進む。好きなことを好きなだけやって、生きた証を見せたい。

ホームで踊る女の子は、うまく本番を迎えることができただろうか。そんなことを考えている今この瞬間にも、彼女はどこかのホームで踊りの練習をしているのかもしれない。

sponsored link


コメントを残す