13612309_1228805523826367_1113994957856423375_n

問題意識と遊び


問題意識を遊びに変えると、「遊びなのにみんなが応援してくれる」という不思議で最高な状況が生まれることを発見した。

しかも楽しんでいる姿を見ているうちに、「自分の問題意識」が自然と「みんなの問題意識」に変わってくる。つまり「自分ごと」として捉えてくれるので、ストレスなく楽しみながら「人を巻き込める」ということ。

「〜するべきだ」と人を説得するのは逆効果で、むしろ問題意識を遊びに変えて、徹底的に自分が楽しむのがいい。

振り返ってみると、「ツール・ド・ヨーロッパ」も、「ツール・ド・和菓子」も、「若者のための週末課外授業」も、「早朝皇居ラン」も、すべて自分の問題意識から生まれた。遊びを通して人に訴えかけるのは非常に効果的だと感じる。

そして自分で遊びを生み出すことも大切。他人が作ったゲームで遊ぶだけでは、どんどん受動的な人間になる。問題意識は好奇心から生まれる。気になったことは徹底的に突き詰める。飽きたら次の興味へ移ればいい。真面目に、本気で遊ぶ人間がもっと増えたらいい。

覚悟を持って本気で遊んでいると、いつの間にか遊びが仕事になる、というのがいちばん最近の発見。これからも勇気を持って遊び続ける。

sponsored link


コメントを残す