pl_seiko

【ゆかりの手土産 Vol.1】西湖(和久傳)


今日の手土産は、京都の三ツ星老舗料亭「和久傳(わくでん)」が作り出す和菓子「西湖(せいこ)」。“西湖”とは蓮の花が浄土のごとく咲き誇る美しい湖を表すそう。和久傳 東京丸の内店では、期間限定の商品も含め約15種類の菓子から気分に合わせて随時お好みのものを購入できるほか、併設の茶寮では季節に合わせた軽食ができます。

数ある商品のなかで私がこの西湖をおすすめする理由は、ひとこと、食べた時のあの特別な感情が忘れられないから。見た目はシンプルなれんこん餅、でもそのとろけるような食感と、繊細な和三盆の甘さが心地良くて、季節を問わず何度でも足を運んでしまいます。蓮根の根のでんぷんを使い、わらびものにも少し似た食感が特徴的なれんこん餅。大人になる悦びを教えてくれる、上品なお菓子です。

和心を忘れさせない竹籠の包装も粋です。季節の花を一輪挿して渡しても良いでしょう。また、たとえばお釣りはピン札で、包装を丁寧にしてくれるなど些細なことも絶対に欠かさない安心感も魅力のひとつ。手土産を渡す時の緊張感を良い意味で保ってくれる、自信のひと品です。

pl_seiko

sponsored link


コメントを残す